渋谷で人気の穴場店はこれだ!渋谷駅周辺のオススメ居酒屋 7選

渋谷で人気の穴場店はこれだ!渋谷駅周辺のオススメ居酒屋 7選

全国の居酒屋の魅力を余すところなく紹介してきた、美味い居酒屋探し隊。
今回は若者の街の代名詞でもある「渋谷」を舞台に、人気の穴場店を集めてみました!

渋谷といえば、SHIBUYA109や渋谷ヒカリエをはじめとするトレンドの発信源が連なるエリア。
そんなエリアだからこそ、渋谷にはきっと我々の常識を限界突破させてくれるような居酒屋があるに違いない・・・!

そう考えた我々は、今回は、道玄坂、宮益坂、さらにはスペイン坂と、全力坂ばりに坂という坂を駆け上り、未知なる居酒屋を探しました。
その結果、まさに我々の常識を限界突破させてくれるような居酒屋に出会えたのです・・・!

というわけでこんにちは!
渋谷中の坂という坂を上下したことにより、強靱な足腰を手に入れた宮本です。

いや~驚きました。

渋谷エリア、まさにトレンドの波を感じさせるようなインパクト大な居酒屋が多いんです・・・!

少しだけ紹介しますと・・・。

「そんなに盛ったらダメェ!!!」と思わず叫んでしまいそうな「こぼれ寿司」が食べられる魚介専門店。

こぼれ寿司

「えっ、ここはどこ、もしかして宮本と千尋の神隠し?」とつぶやいてしまいそうな、レトロな雰囲気漂う「恋文横丁」の老舗居酒屋。

外観

「あ、これ、超大型巨人だ」と口から漏れるような、ド迫力「大根おでん盛」が食べられるビストロ。

大根おでん盛

などなど。

渋谷駅前の忠犬ハチ公も店の前に移動して、永遠に待ち続けてしまうくらい素敵な7軒を紹介します。

それではまいります!

まずは各店の場所を地図で確認!

1.昭和レトロな雰囲気と肉料理が楽しめる『かっぱ恋文横丁店』

最初に紹介する居酒屋は、渋谷の道玄坂に位置する『かっぱ恋文横丁店』
渋谷のシンボル「ハチ公」からは、徒歩5分ほどでたどり着けます。

外観

実は今回、渋谷エリアを取材するにあたり、「美味い居酒屋」編集部はTwitterでオススメの居酒屋さんを募集しました。
そこでご紹介いただいたのが、昭和レトロな雰囲気漂うこのお店「かっぱ 恋文横丁店」。
情報を提供してくださったはてなブロガーのたーふじ@tokaina_fujita)さん、ありがとうございました!

宮本

さっそく店内に潜入してみると、提灯や壁に貼り付けられたメニューが目に入り、なんだか屋台を思わせるような雰囲気。
なんだかワクワクしてきました!

壁のメニュー

「かっぱ 恋文横丁店」のメインは肉料理とのことで、今回は「肉」多めでいきます!

ハイコスパな「ハイボール」と「おつかれ酸サワー」で乾杯

まずは乾杯のお酒を選びます。

メニューを見ると、『ハイボール』がなんと280円!
「これは安い!」ということでハイボールをチョイス。
もう一杯は、名前が気になった『おつかれ酸サワー』を注文。

それでは、かんぱーい!

乾杯

「おつかれさん(酸)!」って言いたくなる~!

口に含むと、やさしい酸味が広がります。
まるでグレープフルーツカクテルのような味で、ほんのり甘みも感じます。
これは美味い!

定番のハイボールは、レモンが効いてサッパリ!
乾杯も済んだところで、お通しの漬物を食べながら、料理メニューを選びます。

お通し

お店の看板メニュー「生肉盛」

お店の看板メニューは『生肉盛』
メニュー欄にも「最強」と書かれていますね。

メニュー

このお店を紹介してくれたはてなブロガーのたーふじさん(@tokaina_fujita)もこれを食べに来るのだとか。
これを選択しない理由が見つからず、迷うことなく注文しました。

生肉盛り

「味が付いているので、たまごと混ぜて食べてくださいね!」
とのアドバイスを店員さんにいただきましたが、お皿いっぱいに盛り付けられているので、うまく混ぜられるかドキドキです。

生肉盛り

なんとかキレイに混ぜられました(笑)
それでは、いただきまーす!

コリコリ、シャキシャキ、フワフワ・・・。

いろいろな食感がひと口で一気に味わえる!
お肉は、ハツ(牛)・ガツ(豚)・センマイ(牛)の3種類。
そこにタマネギも加わるので、この食感の生まれるんですね!
タマネギの辛さと、ごま油&たまごのまろやかさもベストマッチです。

さすが看板メニュー。
これは箸を持つ手が止まりません!

串から煮込み、炒め物まで、肉三昧を楽しむ!

生肉盛で勢いづいたところで、新たに肉料理を追加。
『おまかせ串 5本盛』『牛タン塩煮込み』『牛すじ春キャベツ』を注文しました。

まずは『おまかせ串 5本盛』がやってきました。

おまかせ串 5本盛

  1. タン
    とても肉厚だけど噛みきれるやわらかさ。
  2. トントロ
    油がサッパリしていて、塩加減がちょうどいい。
  3. とりかた
    レバーっぽい食感で、味はホルモンっぽい。
  4. ハラミ
    噛みごたえがある食感と、優しい味のタレ。
  5. せせり
    歯ごたえがあり、噛むほどにタレと混ざり合う。

串料理でもいろいろな食感を楽しめました!
塩もタレもちょうどいい味付けで、お酒にも合いますね。

続いて、『牛タン塩煮込み』

牛タン塩煮込み

口の中でホロホロとほどける牛タン・・・最高!

やわらか~い牛タンを、すだちポン酢のような味わいの出汁とわさびでいただきます。
とてもやさしい味わいで、一気に体の中に旨味が染み渡っていきます。
これは、牛タンが苦手でなければ絶対に注文してほしい一品です。

少し野菜も食べなければ、と思って注文した『牛すじ春キャベツ』もやってきました。

牛すじ春キャベツ

あぁ・・・懐かしさを感じる・・・。

家庭料理っぽい味付けで、なんだかとても懐かしい感じがしました。
ちょっと濃いめの味付けと、春キャベツの甘みが、口の中で交互に味わえます。

壁のメニューが気になって、追加ドリンクとシメを注文

最後に、お店に来てからずっと気になっていた壁のメニューを注文。
『失恋ハイボール』『まかないチャーハン』、どちらも面白いネーミング!

壁のメニュー2

先に『失恋ハイボール』が到着しました。
見た目はなんだか・・・とにかく赤いです。

失恋ハイボール

あれ?案外イケる味♪

そう思って飲んでいると・・・、

うわぁぁぁ、あとから辛さがきたー!!

このハイボール、「タバスコ」と「トマト」が入っているそうです。
最初はトマトの旨味を感じられて飲みやすいんですが、さすがタバスコ。
だんだん辛くなってきます。
失恋のように後で泣きたくなってくる味でした(笑)

ちなみに、『恋文ハイボール』というメニューもあり、それは柚子とはちみつで仕上げているとのこと。
今回は「失恋」の辛さを知ったので、次回は「恋文」の甘いひと時を過ごしたいと思いました!

さて、最後は『まかないチャーハン』

まかないチャーハン

そうそう、この味!まかないって感じ!

学生時代にバイトしていた飲食店のまかないって、こんな感じだったなー、としみじみしてしまいました。
「まかないチャーハン」は、日によって調理する人が変わるので、毎日具材や味が変わるそうです。
そんなこと聞いてしまったら、毎日通いたくなっちゃいますね!

宮本

いろいろな種類のサワーやハイボールがあるので、制覇するために通いたくなるお店です!
会社の同僚や友人と来ている人が多かったですよ。

今回注文した料理一覧

  • 生肉盛(880円)
  • おまかせ串 5本盛(750円)
  • 牛タン塩煮込み(680円)
  • 牛すじ春キャベツ(780円)
  • まかないチャーハン(780円)

このお店の情報

店名 かっぱ恋文横丁店
電話番号 03-5428-3212(予約可)
住所 東京都渋谷区道玄坂2-25-15 阿久津ビル 1F
営業時間 ●月~土
17:00~翌5:00

●日
15:00~24:00
定休日 無休、年末年始(12月31日~1月3日)
席数 60席
(立ち呑み席&テーブル)
喫煙・禁煙 喫煙
オススメのシチュエーション 少人数、会社帰り、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

2.賑やかな雰囲気でお酒を楽しみたいならここ!『漁十八番』(いさりじゅうはちばん)

渋谷駅から徒歩5分。
道玄坂トロワービルの2階に『漁十八番』(いさりじゅうはちばん)があります。
店内の雰囲気は明るく、店員さんの元気な声が飛び交っています。

外観

前田

「漁十八番」は、平日でも1時間以内の滞在でフラッと来店する常連客が多いそうです。 どんなコスパ最強メニューが味わえるのか楽しみです!

日本酒で乾杯!

いつもはビールで乾杯していますが、店員さんから「お刺身にはやっぱり日本酒が一番合いますよ」とのアドバイスを受けて、今日は日本酒で乾杯することにしました。
『花見ロ万(ろまん)』『五凛』という日本酒を注文。

花見浪漫と五凛

目の前でなみなみと注いでくれます。

五凛

「口を盃に持っていく方がいいですよ!」
と言いながら、笑顔でギリギリまで注いでくれました。

では、アドバイス通り、口を盃に近づけながら、最初の一杯をいただきます。

ん~、染み渡る~!

『花見ロ万(ろまん)』は福島県の純米吟醸酒。
春限定とのことで選んだのですが、フルーティーでとっても飲みやすい!
アルコールは13度とやや低めなので、乾杯にはもってこいです。

『五凛』は石川県の純米生酒。
少し米の甘みが強めで、まったりした口当たりの日本酒。
刺し身などサッパリしたものと相性ピッタリです。

一杯目から日本酒ということで、店員さんがお通しと一緒にチェイサーも持ってきてくれました。
何も言わずともチェイサーを用意してくれる気遣い、ありがたいです!

日本酒と蛸の塩辛

ボリューム満点なお刺身盛り合わせの迫力、ヤバイです!

お店の名前がついている看板メニュー『十八番盛り』がやっていました。

十八番盛り

え?何種類のってるの・・・!?

思わずお刺身の種類を数えてみると・・・10種類!!
アジ・カンパチ・カツオ・ブリ・サーモン・タイ・大トロ・中トロ・ボタンエビ・ウニ。

厚切りの刺し身がこれでもかというくらい並べられています。
さすがコスパ最強の看板メニューですね!
そして、やっぱりお刺身と日本酒の相性はサイコー!

ちなみに、お刺身用の醤油は、「土佐醤油」をお店で作って出しているそうです。
刺し身の味を引き立てるような淡い味の醤油です。

レアメニュー「鮪の原価売り」と「鮪の顎肉(あごにく)」を堪能!

続いて注文したのは、『鮪の原価売り』『鮪の顎肉(あごにく)』

まずは『鮪の原価売り』からいただきます!

鮪の原価売り

く~!甘じょっぱさがお酒に合う!

甘辛ソースとマヨネーズって、最強ですよね。
箸が止まらない♪

原価売りとは、その名の通り、原価同然の値段で提供しているメニューのこと。
この一皿、実は200円なんです!
ただ、仕入れ状況によりメニューに無い日があるそうなので、来店時にメニューにあったらラッキーなんですよ(^^)

さて、続いては希少部位『鮪の顎肉(あごにく)』をいただきます。

鮪の顎肉

鮪の顎肉

おぉぉ、なんだか迫力がある見た目。
これが希少部位フィルターによる力なのだろうか・・・!

鮪の顎肉は、1匹から1つしか取れない部位なんです(当たりまえですが)。
鮪の旨味がギュッと濃縮しているので、お皿に添えてあるレモンや大根おろし+ゆずポン酢など、サッパリとした調味料との相性がとてもいい!
油がしっかりのっているため、食感は少しトロッとしています。

本当にこぼれていてビックリ!な「こぼれ寿司」

最後の締めに、『こぼれ寿司』をいただきました。
「こぼれ」なんて大げさでしょ、と思っていましたが、運ばれてきたお寿司がこちら。

こぼれ寿司

ちょっと!こぼれ過ぎでしょ!!(笑)

思わずツッコミを入れたくなるほどこぼれているお寿司でビックリ!
具だくさんなので、シメというよりは、お酒に合うご飯ものが欲しいときに注文するのが良さそうです。

コスパ最強なボリュームメニューを堪能し、とっても満足! ということで、最後にお会計をお願いしたところ、お会計を待っている間に『あら汁』が出てきました。

お味噌汁

最後にサービスで「あら汁」か「カニ汁」を出しているとのことで、この日はあら汁でした。
胃が落ち着くような、ほっこりするような味で、なんだかやさしい気持ちになりました。

前田

本当にコスパがよく、ボリュームメニューが多いので、ぜひ1軒目に行くことをオススメします!
雰囲気も明るく、ワイワイと楽しめますよ^^

今回注文した料理一覧

  • 十八番盛り(2,000円)
  • 鮪の原価売り(200円)
  • 鮪の顎肉(680円)
  • こぼれ寿司(1,500円)

このお店の情報

店名 漁十八番
電話番号 050-5868-0557(予約可)
住所 東京都渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル 2F
営業時間 ●月~金
11:30~14:30
(L.O.14:00)
17:00~23:30
(L.O.23:00)

●土・日・祝
17:00~23:30
(L.O.23:00)
定休日
席数 53席
喫煙・禁煙 全面喫煙可
オススメのシチュエーション 少人数、会社帰り、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

3.アンティーク調のオシャレな店内で美味しい洋食を味わうならここ『コックマン』

渋谷駅から徒歩5分、アンティーク調な雰囲気漂うビストロ『コックマン』は、道玄坂を少し上ったところにあります。

外観

隠れ家のような入口なので、少し入りにくいと感じる人がいるかもしれませんが、勇気を出して扉を開いてみてください!
そこにはワインに合う素敵なメニューの数々が待っていますよ。

広江

こんにちは。
オシャレな居酒屋さんでワインを楽しむのが大好き、「美味い居酒屋」編集部の広江です!
このお店は私がナビゲートします。

乾杯は『自家製ジンジャーのハイボール』と『サングリア』で!

まずは乾杯のドリンクから。
一杯目は『自家製ジンジャーのハイボール』『サングリア』を注文しました。

乾杯

どちらもフレッシュでサッパリ!!

『自家製ジンジャーのハイボール』は生姜の味がしっかりとついているハイボール。
さすが自家製、普段飲むハイボールとは一味違いますね。

『サングリア』はベリー系のスッキリとした味わいで、とっても飲みやすい!
サングリアって、いろいろなフルーツの味が混ざり合う、なんとも贅沢なお酒ですよね。

そして、オシャレなお通しが運ばれてきました。

お通し

「かぼちゃのスープ、豚肉のペーストのバゲット、自家製クリームチーズです」

という店員さんの説明に、

え?こんなオシャレなお通し、あります?

とツッコミそうになりました。

「かぼちゃのスープ」は、やさしい味わいと、コショウのスパイシーさがいいアクセント!
「豚肉のペーストのバゲット」は、ちょっとツナっぽい食感で、しっかり豚肉の味がしてバゲットとよく合う!
「自家製クリームチーズ」は、オーガニックっぽい味わいで、サワー感もあり、ちびちび食べるのに丁度いい!

うっかりお通しだけで満足してしまいそうでした(笑)

オシャレなだけじゃない!気分が上がるおつまみ達

最初に注文したおつまみは『ローストビーフのサラダ』『フォアグラのクリームブリュレ』
先に『ローストビーフのサラダ』からいただきます。

ローストビーフのサラダ

肉の味はしっかりしているのに、なぜかアッサリ・・・!

ローストビーフはしっかりと肉の味がしますが、酸味の効いたマスタードと一緒に食べることによって、後味がアッサリでした。
食感はとてもやわらかく、野菜との相性もバッチリです。

そしてお次は『フォアグラのクリームブリュレ』

フォアグラのクリームブリュレ

デザートみたいで美味しそ~♪

オシャレな一品の登場に、思わず気分が上がっちゃいますね!

ほどよい甘さが、ジンジャーハイボールやサングリアとよく合います。
食感はチーズケーキのようで、本当にデザートを食べている気分になりました^^

『軟骨とパクチーのセビーチェ』と『本日のアヒージョ』に合わせて白ワインを追加

続いては、『軟骨とパクチーのセビーチェ』『本日のアヒージョ』
ちょうど一杯目のお酒も飲み切ったので、白ワインを追加で注文しました。

『軟骨とパクチーのセビーチェ』からいただきます!

軟骨とパクチーのセビーチェ

軟骨なのに・・・やわらかいっ!

フォークに刺さるぐらいのやわらかさにビックリ!
レモンをかけて、パクチーのせて、ぱくり!
うまぁ~。
これは、どんなお酒にも合いそうな味付けです。

続いて『本日のアヒージョ』と白ワインが登場。

アヒージョ

またカワイイの来たー!

ソーヴィニヨンブラン

これは、インスタ映えするぞ~!

いい感じに写真も撮れたので、いただいます!
イワシのすり身から味がよく出ていて、魚介の味が濃く、白ワインと相性がいいです。
このタイミングで白ワインを注文してよかった~。

ちなみに、注文した白ワインは「トレビアーノ」というソーヴィニヨンブランのワイン。
ほのかな酸味とスッキリとした辛口で、塩味の強めな料理と合わせるとマリアージュを楽しめます。

メインディッシュは赤ワインと味わう

最後は、メインディッシュの『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』と赤ワインといただきます。

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

これは赤ワインだな、と思い、「バルベラスペリオーレ」というミディアムボディを注文。

バルベラスペリオーレ

最後までオシャレ過ぎて脱帽・・・!

最初から最後まで、オシャレな雰囲気を貫いてくれるお料理たち、もう私は満足です。

さて、『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』のお味は・・・。
デミグラスソースのような、ビーフシチューのような味わいだけど、ソースはサラッとしています。
そして食感はフワッフワで柔らかく、口の中でとろけます。

もちろん、赤ワインとの相性もバッチリ!
「バルベラスペリオーレ」は、スパイシーで複雑な味。
後味に、ブドウの酸味と甘みがポンっと現れます。
肉の味わいを深めてくれ、ちょうどいい感じに余韻を残してくれるワインでした。

広江

ワインが好きな人と一緒にマリアージュを楽しみたい人にオススメです!
店内はオシャレで落ち着いた雰囲気なので、デートにもいいかも^^

今回注文した料理一覧

  • ローストビーフのサラダ(700円)
  • フォアグラのクリームブリュレ(580円)
  • 軟骨とパクチーのセビーチェ(650円)
  • 本日のアヒージョ(750円)
  • 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(1,000円)

このお店の情報

店名 コックマン
電話番号 050-5868-7626(予約可)
住所 東京都渋谷区道玄坂2-25-14 堀田ビル 1F
営業時間 ●月~金
11:30~14:00
17:30~23:30

●土・日・祝
17:00~23:30
定休日 不定休
席数 40席
喫煙・禁煙 分煙
カウンター席のみ禁煙 ランチタイムは全面禁煙
オススメのシチュエーション 少人数、会社帰り、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

4.渋谷の喧騒を一瞬忘れられる、大人の和食屋『ごんべえ』

「渋谷は若いイメージだから気後れしちゃうな」なんて思ってしまうあなたにあえてオススメしたい大人の居酒屋が、『ごんべえ』です。
渋谷駅ハチ公口から、東急ハンズ方面に向かって歩いていき、FrancFrancの斜め向かいにあるビルの地下にあります。

伊藤

「地下だけど入ったら雰囲気良くて料理人がしっかり食事を作ってお酒もたくさんあって楽しいお店。」
と書かれた看板を目印にしてくださいね。

看板

整然とディスプレイされた日本酒を見て、がぜんテンションが上がります!

入ってまずはビックリ!
階段を下ってお店に入ると、壁一面に日本酒がズラリと並んでいます。

日本酒の瓶

「後で絶対日本酒!」と心を決めつつ、まずはハイボールで乾杯!

乾杯

ハイボールで口の中がサッパリしたところで、いざ美食の戦いへ。

まず頼んだのは、店員さんがオススメしてくれた『三色トロタク磯辺焼き』です。

三色トロタク磯辺焼き

ちっちゃい!おしゃれ!かわいい~!

小さなサイズの海苔の上に、ネギトロとイクラとたくあんを海苔をくるりと巻いていただきます。

三色トロタク磯辺焼き

ネギトロの柔らかさ、たくあんのコリコリ感、イクラのプチプチ感、3つの食感が同時に楽しめます。
そして、ネギトロの旨味のある甘さ、たくあんの酸味、イクラの風味が、口の中でハーモニーを繰り広げています・・・!
さまざまな食感や味が一度に楽しめます。

次に頼んだのはこちらも大人気の『牛の焼きしゃぶ!半熟卵のすき焼き仕立て』

牛の焼きしゃぶ!半熟卵のすき焼き仕立て

なまめかしいミディアムレア具合が食欲をそそる!

生卵でなく半熟卵で食べるところがポイント!
生卵よりも、半熟卵のほうがお肉によく絡みます。

口に入れると、国産A4ランクだというお肉の柔らかな旨味と、すき焼き風味の半熟卵のまったりとした甘みが絶妙にマッチしていて、うまみの洪水が押し寄せます・・・!

焼き物系の次は揚げ物系!ということで『ごんべえの塩唐揚げ 2味の南蛮ソース』を注文しました。

ごんべえの塩唐揚げ 2味の南蛮ソース

表面がカリッと揚がったジューシーな唐揚げです。

ごんべえの塩唐揚げ 2味の南蛮ソース

ソースは、タルタルソースと南蛮ソースの2種類。
タルタルソースは、刻みタマネギがきいて甘さ控えめで大人向けのタルタルソースという感じ。
南蛮ソースは、サラッとして甘酸っぱい味のソースです。

ソースに合うように塩でシンプルに味つけされた唐揚げに、ソースがしみ込み、カリッ!ジュワ!のコンビネーションが生まれます。
ソースはどちらも美味しかったですが、個人的なオススメは大人風味のタルタルソースです!

女将さんが選んでくれた日本酒を、好きなおちょこで飲む幸せ

ハイボールを飲み終わったところで、次に頼んだ食事は和食の定番である『銀ダラの西京焼き』
ここでようやく、日本酒を頼むことにしました。

女将さんらしき女性にオススメにきくと、『天の戸』という秋田のお酒がキリッと辛口で、魚料理との相性◎とのことで、こちらを注文。

すると店員さんが色とりどりのおちょこを持ってきてくれました。

おちょこ

こういう気遣いって、うれしい~!

迷いに迷った挙句、黒くて大人っぽい印象のおちょこと、琉球ガラスのような華やかなおちょこをセレクト。

おちょこ

そこへ、『天の戸』と、とっくりが到着。

日本酒天の戸

さらに『銀ダラの西京焼き』も運ばれてきて役者がそろいました!

銀ダラの西京焼き

艶やかで美味しそう!

口に入れると熟成した旨味がじんわりひろがって、ずーっと噛んでいたくなります。
キリっとした日本酒とも相性がいい!
さすが女将さんのオススメです。

『3色おちょこ丼(イクラ・ウニ・キャビア)』と『トリュフの卵かけごはん』で豪華なフィナーレ!

最後に頼んだのは、お店の名物である『3色おちょこ丼(イクラ・ウニ・キャビア)』『トリュフの卵かけごはん』です。

『3色おちょこ丼(イクラ・ウニ・キャビア)』は、3つのおちょこを小さな丼に見立てて、イクラ・ウニ・キャビアが鎮座しています。

3色おちょこ丼

おっしゃれ~!

イクラは 、新鮮でプチプチの弾力で、ついひとくちでかき込んじゃいます。
キャビアは少し塩気があって、ご飯とも合うんだな~!と新たな発見。
濃厚なウニはかきこまずにちびちびと食べました・・・。

そして、次に『トリュフがけ卵ごはん』が登場。
店員さんが目の前でほかほか白ご飯にトリュフを削ってくれます。

トリュフがけ卵ごはん

シャカシャカシャカシャカ・・・。

トリュフの大きさによって、1個~2個ぶんも削ってくれます。

トリュフがけ卵ごはん

トリュフがこんもり・・・!こんなに大量のトリュフ、見たことない・・・。

希少で高級なイメージのトリュフが、こんなに大量に、しかも白米の上にあるなんてなんだか不思議な光景。

そろそろと口に運ぶと、なんだか深い森の中に迷い込んだかのよう・・・
そして食感は、細かく刻まれたトリュフが生卵を吸い込んでいるので、岩海苔のような感じ。
口当たりは和風で、香りは西洋の森の中のような、不思議な組み合わせがとっても贅沢です。

このお店に来たときには、ぜひ体感してみてください!

前田

20代だけでなく、30代、40代のお客さんも多く、とっても落ち着いた雰囲気のお店です!

今回注文した料理一覧

  • 三色トロタク磯辺焼き(850円)
  • 牛の焼きしゃぶ!半熟卵のすき焼き仕立て(1,390円)
  • ごんべえの塩唐揚げ 2味の南蛮ソース(580円)
  • 銀ダラの西京焼き(1,200円)
  • 3色おちょこ丼(2,480円)
  • トリュフの玉子かけごはん(1,680円)

このお店の情報

店名 ごんべえ
電話番号 050-5592-5982(予約可)
※コースは4名様以上~当日のコース予約は要相談
住所 東京都渋谷区宇田川町31-3 第三田中ビル B1F
営業時間 ●月~木・日・祝日
17:00~24:00
(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)

●金・土・祝前日
17:00~翌2:00
(L.O.1:00、ドリンクL.O.1:30)
定休日 無休
席数 90席
喫煙・禁煙 分煙
個室は禁煙席です。
オススメのシチュエーション 少人数、会社帰り、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

5.仲間と楽しくワイワイ飲みたいときにオススメ!『BISTRO三十五段屋』

渋谷駅のハチ公口を降り、「東急Bunkamura」方面に向かって歩いていくと、人込みが少しずつ減っていきます。
そして、Bunkamuraを右手に見ながらさらに歩いていくと左手に「EN」というホテルが見えてきます。
その地下にあるのが、『BISTRO三十五段屋』です。

外観

池田

こんにちは!
「美味い居酒屋」編集部の池田です。
渋谷らしい活気があって、仲間とワイワイ盛り上がれるこのお店は、私が紹介します。

豪快にバーナーで炙る『炎の炙り〆サバ』は名物料理!

「いらっしゃいませ~!」
お店に入るなり、元気のいい店員さんの声が迎えてくれます。

店内はほぼ満員で、ワイワイとにぎやかでみんな楽しそうです!

私たちもカウンター席に腰掛けて、まずはハイボールで乾杯!

乾杯

そして、1品目に注文したのはお店の名物だという『炎の炙り〆サバ』
店員さんは、〆サバを私たちの前に置くと、大きなバーナーで豪快に焼きはじめます。

炎の炙り〆サバ

ゴォオオオオ!
豪快な炎が、〆サバを包みこみます。
店員さんはサバを焼きながら、「焼き終わって、私が合図したらレモンをかけてくださいねっ!」とのこと。

サバの表面がジリジリ・・・と焼けていき、ん~、香ばしい匂いがたまらんっ!

店員さんが「今です!」
とこちらを見て、慌ててレモンをしぼる私。

すると「ナイス、レモンッ~!!」

と、店内に響き渡る店員さんの声にビックリする私たちでしたが、どうやら『炎の炙り〆サバ』を頼むと、ここまでの流れがセットになっているようです(笑)
なんだかよくわかりませんが、元気になってきました。

サバの香ばしい脂がジュワーッと口の中で大洪水をおこします。
あまりの美味しさに、パクパクと口に運んでしまい、サバはあっという間に姿を消してしまいました。

次に注文したのはあったかいおつまみ『復活!おたふくオムレツ』

おたふくオムレツ

ん???
これオムレツ???

かつおぶしに、マヨネーズ、ソースがかかっていて、なんだかお好み焼きのよう。
分厚いオムレツを切り分けてみると、その真ん中には、焼きそばが少し入っています。

オムレツ切り分け

口に運んでみると、ソースとマヨネーズがミックスされて味は完全にお好み焼きですが、食感はオムレツという新感覚。
メニュー名のおたふくというのはおたふくソースのことだったのだな、と納得します。

おたふくオムレツの濃厚な味の余韻に浸りながら、「次はさっぱり系のメニューがいいなぁ」とメニューをめくります。
そこで選んだのは『大根おでん盛』です。

『大根おでん盛』が席に運ばれてくるなり、そのビジュアルに驚愕。

大根おでん盛

なんじゃこりゃ~!進撃の大根・・・?
ハイボールが入っているグラスよりも高い。

あまり変わり映えはしませんが、上からのショットはこんな感じ。

大根

具材は、大根、卵、ちくわ、厚揚げ、がんもどき、はんぺん。
大根のてっぺんには、とろろ昆布と三つ葉!はい!百点満点!

大根を割った画像

中まで、しみしみ~!

なんだか母の味、というかほっこりするお味。
優しい出汁がしっかりとしみこんで、かみしめるたびにじんわりと口の中におでん味が広がります。

シメはスタッフ人気No.1 の「ねぎトロとアボカドのディップ」

ここまで3品紹介してきましたが、実はこちらのお店、1品ごとのボリュームがけっこう多いんです。
この日は女性ふたりでお店に来たので、すでにお腹は満たされつつあります。
そこで、シメとして、お店のスタッフからの人気No.1という『ねぎトロとアボカドのディップ』を注文することにしました。

ねぎトロとアボカドのディップ

バターが染みてほんのりキツネ色のバゲット・・・!
ねぎトロとアボカドのディップを高速でかき混ぜます。
バターの香りが魅惑的すぎて写真を撮る前に即座にかき混ぜてしまったので、写真はかき混ぜ後しかありません(苦笑)

ディップとパン

ガブッとかぶりつきます!
口にした後、思わず友人と顔を見合わせて、「美味しい!」と同時に言ってしまいました。

バターのジュワッとした甘さがしみこんだふんわりバゲットと、ひんやりしたネギトロに、濃厚なアボカド、 少し酸味があるソースが混ざり合い、口の中で四重奏を奏でています。
このお店に行かれたときは、ぜひ頼んでみてください。

池田

お店に行ったのは、金曜の7時過ぎで店員さんはみんなとても忙しそうでしたが、ハキハキと元気いっぱいに接客していました。
その姿に私たちも活力をもらえました!

今回注文した料理一覧

  • 炎の炙り〆サバ(880円)
  • 復活!おたふくオムレツ(680円)
  • 大根おでん盛(780円)
  • ねぎトロとアボカドディップ(780円)

このお店の情報

店名 BISTRO三十五段屋
電話番号 03-3770-9835(予約可)
住所 東京都渋谷区円山町1-1 渋谷シティホテル B1F
営業時間 17:30~23:30
(L.O.22:30)
定休日 無休
席数 90席
喫煙・禁煙 全面喫煙可
オススメのシチュエーション 合コン、同僚と、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

6.オシャレにマニアックなモツが食べられる『もつやき 婁熊東京(ルクマトウキョウ)』

渋谷の明治通りを恵比寿方面に徒歩5分。
奥まったビルの入り口を進み、2階に上がった先にある、『もつやき 婁熊東京(ルクマトウキョウ)』

外観

もつ焼きといえば赤提灯でワイワイガヤガヤなイメージが強いですが、こちらのお店はこぢんまりと、落ち着きながらも、程よく明るい雰囲気。
女子会やデートなど、少人数でオシャレにキメたい時に最適です。

宮本

マニアックなモツ焼きをオシャレに楽しみたいならこのお店!
変わった部位を楽しめますよ・・・!

ピンクが美しい『低温調理れば刺し』はビールに最適!

ひとまずビールで乾杯!

乾杯

ビールを飲みながら注文した料理を待っていると、やってきました『低温調理れば刺し』です。

低温調理れば刺し

まぁ~きれいなピンク色!

レバ刺し禁止になって以来、表面を炙ったレバ刺しが主流ですが、こちらは焼いてないのに火が入っているのが珍しい。
低音でゆっくり火入れしたというレバーは、ねっとり濃厚な食感です。
ごま油と塩とネギで食欲増進。
ビールもグイグイ進みます。

変わり種もつ焼き第一弾は、『脂付きはらみ』に『網れば』

そうこうしている間に、オーダーしたもつ焼きがきました。
店員さんがオススメしてくれたのが、こちらの『脂付きはらみ』

脂付きはらみ

大根おろしがいい感じ!
はらみの上に大根おろしと土佐酢のジュレが乗っていて、噛むと脂がじゅわっと滲み出てくるのに、後味はサッパリ。
お酢の酸味がきいています。
アラサーの胃に優しい組み合わせ。

続いては名前が気になってお願いした『網れば』です。

網れば

なんだかレバーらしからぬ見た目。
なんでも、網脂という内臓のまわりの脂でレバーを巻いたものだそうです。
口に入れてみれば、外側の網脂のジュワッと脂が滲み出る感じと、レバーのねっとりした食感の組み合わせが新鮮。
「脂っぽいレバー」という初めての感覚です。

この年になって、初めての体験ができる幸せ・・・プライスレス。

そろそろサッパリとコリコリ食感のもつ焼きが食べたい。
そう店員さんにリクエストをすると、『のどぶえ』をオススメしていただきました。

の、のどぶえ・・・!?
一体、どんな部位なの?

店員さんに恐る恐る聞くと、『のどぶえ』は、『のど』の『ふえ』。
すなわち「声帯」だそうです。

声帯を食べるの・・・?
どんな味なのでしょう。
小鳥がさえずるような、ロマンティックな味がするんでしょうか・・・?

そう困惑する私たちの前にやってきたのが、こちら!

のどぶえ

あれ・・・実にシンプルな見た目。
でも、一口かじると・・・おおおお、なんともいえないサッパリ&コリッコリ感。

たとえるなら、ディーン・フジオカ的な魅力・・・!
自分でも何を言っているかよくわかりませんが、とにかく、私の中ではディーン・フジオカ的な味がしました。

もう少しわかりやすく言えば、ナンコツに肉厚感が加わった感じ。

『卵巣』に『心のこり』まだまだ続くマニアックもつ焼き

こうなったら変わったもつ焼きをどんどん頼もう!
意気投合した友人と一緒に、メニューとにらめっこして選んだうちのひとつが、こちらの『卵巣』
メニューの「ここでしか味わえない希少部位」というフレーズにバッチリひかれてしまいました。

卵巣

なにこのプチプチした見た目・・・!

しかも食べてびっくり、このプチプチした見た目以上のプチプチ感・・・!

味はなんとも形容しがたいのですが、どことなく内臓感のあるお味。
想像以上の卵巣っぽさに戸惑いを隠せない友人と私です。
おいしいけど、心を無にして食べたい感じ。

思った以上に動揺してしまったので、間に野菜を挟むことに。
名物と書いてあった『金針菜 (きんしんさい)』を注文しました。

金針菜

かわいい♪

写真じゃわかりづらいかもしれませんが、めちゃくちゃ小さい野菜なんです。
短いインゲンみたいな感じ。
しかも、緑の色が鮮やかで、カラシの黄色との組み合わせも素敵。

インゲンのような見た目の通り、味はインンゲンに近いのですが、インゲンよりも優しく、柔らかく、甘みがありました。
主張が強くないので、お口直しにぴったりの野菜です。

ここで再び変わったもつ焼きをチョイス!
なんだか風流な名前の『心のこり』です。

心のこり

見た目の第一印象は「ハツ」みたい。
そして、お味もハツっぽいですが、食感はハツよりもコリコリしています。

「なぜ、心のこりという名前なんだろう?」と思って聞いてみたところ、心臓、つまりはハツの周りのお肉をさばいた時に残ったお肉だそうです。
残った心臓のお肉・・・それゆえに『心のこり』。

なるほど、ハツに味が近い理由がわかりました。

心のこり・・・。
私の心残りは、小学6年生の運動会のときに、好きな女子とフォークダンスで手をつなげなかったことです。

あ、その心残りの意味じゃなかったですね。

宮本

珍しい名称のもつ焼きのオンパレード!
オシャレな雰囲気なのもポイント高いです。
飲兵衛も満足間違いなしのお店です!

今回注文した料理一覧

  • 低温調理れば刺し(650円)
  • 脂付きはらみ(380円)
  • 網れば (330円)
  • 卵巣(330円)
  • 金針菜 (きんしんさい)(220円)
  • 心のこり(330円)

このお店の情報

店名 もつやき 婁熊東京
電話番号 050-5869-4857(予約可)
住所 東京都渋谷区渋谷3-15-2 住報渋谷ビル 2F
営業時間 17:00~24:00
(L.O.23:00)
定休日 日曜・不定休
席数 26席
喫煙・禁煙 全面喫煙可
オススメのシチュエーション 少人数、デート
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

7.居酒屋感覚ですき焼きが食べられる『厨 七代目松五郎』

渋谷「マークシティ」の道玄坂上交番前の近くの出口から徒歩2分ほど。
『厨 七代目松五郎』はガラス張りでオープンな雰囲気。
明るくスタイリッシュなお店です。

外観

若者の街、渋谷ですが、年齢層はやや高め。
30~40代の方が多い印象です。

広江

こんにちは!
お肉大好き、広江です。
居酒屋感覚ですき焼きを食べたい時にぴったりな、『厨 七代目松五郎』をご紹介します!

ビールにぴったりのお通しのキャベツはおかわり自由!

『プレミアムモルツ 香るエール』でひとまず乾杯!

乾杯

フルーティで、文字通り香りのいいビールです。
お通しは、生のザク切りキャベツがどーん!

ザク切りキャベツ

マヨネーズにはおそらく味噌が混ざっていて、まろやかかつ塩気が加わっていい感じ。
完全にビールの良いお供です。
キャベツはお代わり自由。
むしゃむしゃ葉っぱをかじります。

ミーハー心で『オマール海老とアボカドのエビマヨ』をチョイス

店員さんにオススメされた、『ヤングコーンのフリット』がやってきました。

ヤングコーンのフリット

いい色!

なんと、ヤングコーンがまるっと揚げられています。
本格カレー屋さんで使われていそうなスパイスの風味を感じるスパイシーマヨネーズをつけて食してみると、何かを彷彿とさせる味・・・。

こ、これは、とんがりコーンです!

とんがりコーンを原材料に戻していけば本格的でリッチな料理になる。
そんな新たな発見です。
とんがりコーンとビールが合うがごとく、ビールとの相性は最高です。

続いて、『オマール海老とアボカドのエビマヨ』を注文。
「バラエティ番組『ダウンタウンなう』で注文された」の一言を聞いて即決です。

オマール海老とアボカドのエビマヨ

エビの殻のリッチ感がすごい!!

殻の下には、大きくカットされたエビとアボカドがゴロゴロ入っています。
少し甘めの特製マヨネーズがたっぷり絡められたエビマヨ。
エビもアボカドも軽く揚げられていて、アボカドのトロッとした食感にほくっと感がプラスされています。
これはマヨネーズ好きにはたまらないのではないでしょうか?

真打ちの『特選牛すき鍋』が満を持して登場!

そしてついにやってきました。
こちらが『特選牛すき鍋』です!

特選牛すき鍋

100点のビジュアル!

霜降りリブロースの鮮やかな赤に、春菊の緑。
こんな素敵なクリスマスカラーがあるでしょうか。

お店の人が鍋のお世話をしてくれるので、ウキウキ様子を見守ります。
「まずはこのままどうぞ」と、差し出されたのがこちら。

特選牛すき鍋

スペシャルレア!!

サッと割り下にくぐらせた超レアなお肉で、ネギなどの野菜が巻かれています。
熱々の割り下にサッとくぐらせたことで脂が溶けているものの、まだ落ちてはいない。
だからこその、とろけるような食感です。
雰囲気としては大トロの脂のようなイメージです。

ここで趣向を変えて、赤ワインをオーダー。
「すき焼きにぴったり」と書いてあったので、『レ ミューズ ド ラ ヴィーニュ メルロー・カベルネ』を選びました。

赤ワイン

タンニンはほどほど、果実味のあるワイン。
赤ワインの果実味が、すき焼きの甘辛さとぴったりです。

さぁ、いよいよすき焼きの完成です。
卵にからめていただきます。

牛すきと卵

全国民がひれ伏す、この絵力!

卵は「夕焼け卵」という種類だそうで、名前の通り鮮やかなオレンジ。
濃い卵にお肉を絡めて食べれば、みんな大好き甘辛濃厚なすき焼きの完成です。
家でのすき焼きとまるで違うのは、やはりお肉。
霜降りリブロースのお肉がとろけます。
いいお肉使ってるわ~と、感嘆の声が止まりません。

広江

お味はもちろん、見た目の華やかさ、ボリュームともに、牛すき鍋の満足度は100点でした。
鍋は2人前からなので、サイドメニューも楽しみたいのであれば、3~4人がベストだと思います。
すき焼きを気軽に食べたい時はぜひ足を運んでみてくださいね。

今回注文した料理一覧

  • ヤングコーンのフリット(500円)
  • オマール海老とアボカドのエビマヨ(1,600円)
  • 特選牛すき鍋(1人前3,980円)

このお店の情報

店名 厨 七代目松五郎
電話番号 050-5589-6429(予約可)
住所 東京都渋谷区円山町5-4 フィールA 1F
営業時間 ●月~土
17:00~25:00
(L.O.24:00)

●日・祝
17:00~23:00
(L.O.22:00)
定休日
席数 36席
喫煙・禁煙 全面喫煙可
オススメのシチュエーション 少人数、会社帰り、友人同士
ほかのグルメサイトを確認する

※この情報は2018年4月19日時点での情報です。
営業時間等の情報が最新かどうかは、必ずお店に確認するようにしてください。

まずは各店の場所を地図で確認!

いかがでしょうか。
渋谷の居酒屋の魅力、伝わりましたでしょうか。

他にも、素敵な居酒屋さんが見つかったらまた、追記しておきますね!

というわけで、お相手は「美味い居酒屋」編集部の宮本でした。

See You!

前のお店へ 次のお店へ 記事の最初へ